組込みソフト開発の標準入門書 図解 ET教科書 TLCS-900ファミリー+μITRON


マルチタスク・リアルタイム処理のプログラム構造を徹底解析
アセンブリ言語・C言語・μITRONを使った制御プログラムの実習
コンパイラ・IDE・プログラム転送ツールなどすぐに使える開発環境が付属

本書の特徴

マルチタスクのプログラム構造がよく理解できるサンプルプログラムが多数収録されています。
サンプルプログラムはアセンブリ言語とC言語のものを用意し、同じ内容の両言語のプログラムはラベル名なども統一していますからそれぞれの特徴がよく理解できます。
東芝の純正Cコンパイラと統合開発環境(IDE)などがCD-ROMに収録されています。
μITRON(TOPPERS/JSP)が東芝の開発環境下で使用できます。

付録CD-ROMの内容

東芝純正 TLCS-900用Cコンパイラ
東芝純正 統合開発環境 IDE
サンプルプログラムリスト
μITRON4.0(TOPERS/JSP)
評価ボード Zup-F16取扱説明書
評価ボードZup-F16拡張ボード取扱説明書
プログラム転送ツール・簡易モニタ

目次

第1章 制御用コンピュータ
第2章 TLCS-900のアーキテクチャ
第3章 TMP91FY22FとZupボード
第4章 制御プログラムの構造
第5章 開発環境の準備と使い方
第6章 プログラム演習
第7章 μITRONの実装と活用

226頁 定価3,024円
著者  武下博彦
出版 ㈱オーム社

図をふんだんに取り入れて、わかりやすく解説 図解 わかる実践アナログ回路

本書の特徴

本書は図をふんだんに取り入れ、今までの専門書にない切り口で電気理論と電子部品の使い方を解説しています。
重要ポイントに勉くん、学くん、ひとみお姉さんが登場し、詳細な説明やアドバイスをしてくれます。
また、できるだけ実践的な説明を行うため、本文中の参照図も実用回路を多く使っています。
教科書としてご使用頂く場合、本書で使われた回路を教材として部品供給が可能です。
[教科書対象は大学・高専・専門校]

こちらから本書の内容を一部ご覧いただけます
ビギナーの方のために[電子回路用語集]をご用意しました!
本書の索引から抜粋した、なかなかの優れものです。

A5判 320頁 定価2,835円
著者 武下博彦
出版 ㈱総合電子出版社

目次

第1章 電子回路を学ぶための基礎知識
第2章 交流電気理論の基礎講座
第3章 受動部品の使い方
第4章 電子回路部品の使い方
第5章 トランジスタ、FETの使い方
第6章 オペアンプ

付1:A/D変換方式について/付2:ノイズについて/電子工作をはじめよう!/問題回答/索引